湾曲ペニスの矯正方法|クリニックへの受診が最適です

女医とナース

完治できる病気です

診断

以前に比べて男女交際の自由化が進んでいる今、多数の異性と性交渉をする機会が多くなっています。付き合っている恋人がいるなら恋人と、いない場合は性的なサービスをするお店などにいって性的な接触をします。しかし、このように性に関して開放的になると、当然性病などに感染するリスクも高くなります。不特定多数の異性と性交渉をしている人はもちろん、1人の恋人と接触を持っている場合でも性感染症を発症する可能性はあるのです。性感染症にはクラミジアや淋病などがありますが、昔から知られている病気の1つに梅毒があります。江戸時代に遊郭で働いていた女性が多く感染していた病気で、ペニシリンが誕生するまでは不治の病として恐れられていました。その梅毒は現代でも感染が拡大しているのですが、きちんと検査を受ければ早期治療をすることができます。

梅毒の検査は泌尿器科などで行なわれていて、検査方法も様々です。泌尿器科で実施している梅毒の検査では、問診や視診が行なわれます。問診では性的な接触があった時期や自覚症状、体に現れた変化などが質問され、その後視診によって病気の確認をしていきます。さらに、梅毒の場合は血液検査も行なって、血液中の抗体を調べながら感染の状況を把握していきます。女性が梅毒の検査をするとき、クスコと呼ばれる器具を使いながら性器を視診することもありますが、正しい結果を知るためには必要なので、医師の指示に従って協力しましょう。また、梅毒は今の医療技術なら治療することができる病気なので、体に異変を感じたらすぐに泌尿器科を受診しましょう。